ぼーの(Buono) ☆ かみましき

<   2012年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ぼーの・TVショッピング〔第1回放送/豆炭あんか〕

皆さん、はじめして。
ナビゲーターのKこと、004.gifケビン/Kevinです。アシスタントの016.gifニコル/Nicoleです。

004.gif今日、ボクたちが番組をご覧の皆さんにご紹介する商品は、とってもエキサイティングなんです。
016.gifケビン、のっけから興奮気味ねっ。
004.gifそうなんだぁ!今、なるべく電気を使わずに、冬を暖かく過ごすことがとっても大切になってるよね!
016.gifええ、みんなの関心事よ。暖房温度は下がるし、特に女性は冷え性の方も多いから。
004.gifそこなんだぁ!ニコル。じゃ、さっそく今日の商品を御紹介しよう。こちらっ!!!
d0233903_22364755.jpg

016.gifなにこれー。お弁当箱?
004.gif違うんだぁ、ニコル。電気を使わない、今とってもHOTな暖房器具なんだ。本当なんだ!
016.gif驚いたわ。なんだかとってもエキサイティングな気分になってきたわ。ケビン!
004.gifありがとう、二コル。名前は”豆炭(まめたん)あんか”って言うんだ。サイコーなんだー
016.gifどうやって温かくなるの?
004.gif豆炭っていう炭を使うんだ。昔はどこの家庭でも使ってたんだ。見てごらん。
d0233903_21105489.jpg

004.gifまず、豆炭を十分熱するんだ。ボクは、キャンプ用品を使ったんだ。本当なんだ。
016.gifコンロなんかでも良さそうね。電気は使わないし。
004.gifゲッツ!そこなんだぁ!後はあんかの中に熱した豆炭を入れてロック。それだけなんだぁ。
d0233903_2117216.jpg

016.gif専用の布ケースもあるのね。オレンジでかわいいわ!
d0233903_21194239.jpg

004.gifもちろん女性にもうってつけさー。さあ、どんな風に使うのか見てみよう。
d0233903_21205753.jpg

016.gifお腹まで温まりそうね。素敵だわ。北側の部屋は腰から下が特に寒いのよ。
d0233903_21225795.jpg

004.gifひざ掛けの下でもいいよ。布でくるむほど温かくなるらしいんだ。しかも、熱過ぎにはならない。優しい温かさが朝から夜まで続くんだぁ。
016.gifアンビリーバボーノボーだわ、ケビン。好きな場所で使えて、環境にも優しい!
004.gif驚くのはまだ早いよ、二コル。他にもいろんな使い方があるんだぁ!
d0233903_2128543.jpg

004.gif今日使ってくれた視聴者モニター2人は、肩こりにもいい気がするって言うんだ!
d0233903_21311545.jpg

016.gif頭が寒い時は、頭の上に載せればいいのね!頭痛にもいいのかしら。
016.gif医療器具じゃないさー。でも、使ってみた感想は、2人がコメント欄に書いてくれるんだぁ!
d0233903_21382118.jpg

004.gifラグビーボールにもなるって言うんだ。本当なんだ!ほら、やってるだろう;;
d0233903_22415041.jpg

004.gif使わないときは、服のポケットにも入るって言うんだ。本当なんだ!
016.gifこの後入ったっていうわけ?マジでぇ? あなたが言うんだから、私は信じるわ。ケビン!
004.gifありがとう。ニコル;; 使い終わった豆炭は、こんなさー
d0233903_21464964.jpg

016.gifかわいいわ。ご苦労様って声かけてあげたくなるわ!土に撒いたら一石二鳥なのかしら?
004.gifそんなことまで分からないさー(あれ、言っちゃった)。
016.gif大事なことがまだだったわ、ケビン。どうしたら手に入るの?
004.gifそこなんだ!テレビの前の皆さんに見ていただいた商品は、山都町馬見原の岩城屋さんの倉庫で発見された最後の1つだったんだぁ!(ありW)
016.gifOH MY GOD! ケビン! じゃ、もうないってこと?
004.gif 面目ないよ。ニコル;; でも”豆炭あんか”でウェブを検索すると売ってるんだぁ(ホッ)! 3千円でおつりがくるし、燃料の豆炭も1個10円くらいらしいんだ。
016.gif長く使うほど財布にも優しいってわけね。でも、ケビン、もう一つ分からないことがあるの。これ、上益城と何か関係があるの?
004.gifそこなんだぁ~;;環境に優しく寒さと闘う上益城スタイルを提案してるってわけさ。上益城から日本中に、そして世界に広げるのさ~。本当なんだ~!
016.gifホットでエキサイティングな提案だわ!後であなたが怒られないと、もっといいわ!
004.gifそこなんだぁ~! 心配なんだぁ! それから、今回使用した”豆炭あんか”を東日本大震災で被災した方にお届けしたいんだ!そっちの方が出番も断然多いから、”豆炭あんか”も喜んでくれると思うんだ!ご希望の方は、次のアドレスにメールしてほしいんだ。回りの方でももちろんいいんだ。ネットを使える環境にない方も多いからね。
kimura-t-dj@pref.kumamoto.lg.jp
016.gifそっちの方が現実的でいい提案かもね。
004.gifさぁ、皆さん、豆炭あんか、いかがでしたか。残念ながら、お別れの時間がやってきました。ケビン、そして
016.gifニコルがお届けしました。
030.gif近日中に入るモニターコメントも忘れずチェックを!お使いの経験のある方も、ご感想などお寄せくださいね。では、また次回お会いしましょう!(次あるの・・・?)



早くダッシュ村をしたいんだぁ!        ”ぼーの☆かみましき”   by K 050.gif 
d0233903_1325462.jpg

[PR]
by kamimaa | 2012-01-31 22:22 | その他 | Comments(6)

サントリー九州熊本工場へ行ってきましたぁ@嘉島町

みなさま こんにちは。058.gif

今日は、「サントリービール工場に行ってきました!」シリーズの第2弾、肝心要の工場見学について、
遅ればせながら・・・(^^; ご報告したいと思います。

第1弾はコチラ → 竹内結子様もお気に召された”樽燻スモークベーコン”とは!?

ビール工場内のレストランでランチをすませ、13時~の工場見学に申し込み。
こちらでしばし待機です。私以外に、12,3名の小グループさんがいらっしゃいました。(見学は1時間程度)
d0233903_13213113.jpg

麦芽を味見したり、ホップの香りをかいだり、とおいしさの秘密を体験しながら、仕込み、発酵、ろ過・・・行程ごとにお姉さんから説明を受けていきます。
で、見学途中は写真NGなので、写真OKの、最後の試飲会場の模様をお伝えしますねん。

試飲会場はこちら。広いです。カウンターがとっても遠くにあります。
d0233903_1455100.jpg

一人ずつ好きなドリンク1杯とこちらをいただけます。(写真はウーロン茶)
さらに!1杯飲みほしたら、また好きなドリンクをおかわりできます。(飲もうと思えば3,4杯はいけるかも?)
d0233903_13222991.jpg

いろんなドリンクの紹介があって・・・
d0233903_13224446.jpg

で、プレモルのおいしい注ぎ方を実演していただけます。

高く勢いよくそそぎますと、このようにアワアワになりますね。
そのまま泡が落ち着くまで10秒ほど?待ちます。あ、グラスはまっすぐですよ~。
d0233903_13231419.jpg

泡が落ち着いたらグラスを斜めに、泡の下をくぐらせるように、そっとビールを注いでいきます。
d0233903_13234069.jpg

まだまだいけます。
d0233903_13234597.jpg

泡をこんもりと。
d0233903_1324061.jpg


<注ぎ方のおさらい>↓↓↓
d0233903_13221025.jpg


見学終了後はお土産ショップでお楽しみください。
d0233903_13573136.jpg

d0233903_13244171.jpg
d0233903_1324507.jpg
d0233903_1324578.jpg

個人的に気になったのはここらへん。
d0233903_1472951.jpg

どんな風に泡ができるのかなぁ・・・とか
d0233903_1475930.jpg

小さいビンってかわいいなぁ・・・とか。 
d0233903_1481278.jpg

お土産に最適では??


ビール工場見学の詳細はこちら → サントリー九州熊本工場(工場見学)
※お休みの日もありますので、事前に確認したほうが安心です。045.gif


それではまた・・・   by C069.gif
d0233903_1325462.jpg

[PR]
by kamimaa | 2012-01-30 14:10 | 嘉島町 | Comments(0)

第10回「九州山地神楽祭り」で心満腹!ブラボーでした

 1月28日(土)に、山都町蘇陽で開催された「第10回九州山地神楽祭り」を観覧してきました。
 九州山地には天孫降臨にまつわる多くの神話と伝説があり、それを題材とした神楽が、土地ごとの歴史や習俗を反映した独特の形で各地に受け継がれています。
 その神楽が一堂に共演する、それはそれは、素晴らしいイベントです。今回は第10回記念ということで、神楽に加え、地元の和太鼓グループ「大阿蘇蘇陽太鼓・喜楽」の太鼓の演打や宮崎県日之影町に伝わる農村歌舞伎「大人歌舞伎(オオヒトカブキ)」の公演も合わせた内容で、見応え十分。約300人収用の会場は超満員でした。
 まず、「大阿蘇蘇陽太鼓・喜楽」の演打で幕開けです。すごい迫力の太鼓の響き、お腹に振動が伝わってきて、観衆は魅了されました。038.gif
d0233903_10493046.jpg


 続いて、地元、蘇陽の二瀬本地区に伝わる仁瀬本神社神楽の五穀という演目です。白装束に身をまとい、テンポの良い太鼓に合わせ、五穀豊穣に感謝する舞です。038.gif
d0233903_10514585.jpg


 次も地元、蘇陽の白石神楽です。白石神楽は一時途絶えていましたが、平成18年に復活し、1年程前に33座を完全復活させた神楽です。演目は八雲舞で、スサノウの命が八股の大蛇を退治する場面が迫力ありました。038.gif
d0233903_11342748.jpg


 終了後、飴やお菓子の振る舞いがありました。
d0233903_1135865.jpg


 ここで、昼食。地元のグルメが沢山あって、昼食会場は超満員。私はだご汁山菜おこわをいただきました。とーってもまいうでした。
d0233903_11353686.jpg


 それから、この日、山都町で進めている猪肉料理の試食会があったのですが、これが大人気で、午前中の休憩時間に既に完食となってしまい、私はありつけませんでした。
 しかし、その料理だけ写真を撮らせてもらいました。ソーセージや薫製、ハム、餃子など7種類で、大変好評だったとのことです。これからの山都町ジビエ料理が楽しみです。
d0233903_1136778.jpg


 午後からは、宮崎県日之影町の大人歌舞伎のお芝居です。宮崎県指定無形民俗文化財で、地元の領主だった甲斐宗摂を偲び、地元の方々が宗摂が生前に好んだ歌舞伎をみようみまねで習い覚え、奉納するようになったのが始まりと言われています。演目は「神霊矢口の渡し頓兵衛館之段」です。これは、清和文楽にもある演目です。045.gif
d0233903_11372898.jpg


 続いて、宮崎県五ヶ瀬町の蔵岡祗園神楽です。九州瀬で最初に地上に隆起した山である祗園山に麓、祗園神社に継承されています。この神楽は平家落人が移り住んだこともあり、京都文化の影響を受けいる点が特徴です。演目は岩戸開きを中心とした演目です。
 このシーンは天照大神を岩戸隠れから連れ出すシーンです。038.gif
d0233903_1138135.jpg


 次は、阿蘇市波野の中江岩戸神楽です。国選択無形民俗文化財で、波野には神楽殿があり、4月から11月(10月を除く)まで、毎月第1日曜日に定期公演を行っているそうです。演目は八雲払いで、白石神楽と同じ場面の演目ですが、また違った趣。衣装も舞も豪華絢爛という感じです。八股の大蛇を退治した後の場面です。038.gif
d0233903_11384178.jpg


 そして最後に、宮崎県高千穂町の秋元神社神楽です。高千穂町の夜神楽は、11月から翌2月にかけ、各地で民家などを神楽宿として夜を徹し、33座を奉納するもので、この地域に受け継がれる「夜神楽」が国の重要無形民俗文化財に指定されています。その他、高千穂神社の神楽殿では、毎日、観光神楽としてダイジェストで約1時間の公演を行っています。
 この日の演目は、神颪(カミオロシ)の舞から始まり、岩戸開きを題材にした「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取りの舞」です。
 こちらは「手力雄の舞」です。岩戸隠れの天照大神を探し出す舞です。
d0233903_1139612.jpg


 こちらは「鈿女の舞」。天鈿女の命が岩戸隠れに入っておられる天照大神を誘い出すために、おもしろおかしく踊ったとされるシーンです。038.gif
d0233903_11393590.jpg


 そうそう、高千穂には、天鈿女の命のキャラクター「うずめちゃん」がいますね。こちらです↓
d0233903_1140951.jpg


 最後は、「戸取りの舞」です。
d0233903_12563928.jpg


 いやー、見事な神楽の共演でした。また、大人歌舞伎のお芝居、大阿蘇蘇陽太鼓の演打も鑑賞できて、心は満腹です。帰りに地元グルメをお土産に買いました。これでお腹も満腹でした。

 最後には、神楽の舞手の皆さんから「福餅」をいただきました。これはとっても縁起がいいですね~。これを食べるといいことがあるぞーm(^^)m
d0233903_12574933.jpg


 とっても幸せな気分の一日でした。


                   Nでした 056.gif
[PR]
by kamimaa | 2012-01-30 13:30 | イベント | Comments(0)

何気に好きな風景 緑川@山都町清和とか

自宅のデスクトップパソコンが4日間ぶりに復活しました。もうだめかと思いました・・・年末にも起動せず、涙目で再セットアップしたばっかりでしたw 皆さん、パソコンデータのバックアップやってますかっ!(K)

ひとり焼肉をテーマに、過去2回シリーズでご紹介しましたがw、今回は、新たにシリーズ化したいと妄想していたうちの一つ、”何気に好きな風景”シリーズの第1弾です023.gifドコマデホンキダカ・・・

d0233903_155924100.jpg

山都町清和の竜宮滝の上をまたぐ橋(国道218号)からの風景です。宮崎県高千穂方面から熊本市方面に向かう時、ちらっと車窓から見える緑川の風景です。仕事帰りによく通るのですが、なごみます。ちなみに川の右に光る細いものは、水路です。長い距離をうまく勾配を計算して流しているのだと思います。

d0233903_22442270.jpg

美里町(国道218号)から南に見える山々の重なり。冬は特にいいですね。意表をつかれました。
山の向こうは、平家落人伝説が残る五家荘(ごかのしょう)です。


探検シリーズもいってみよう!(^o^)/~~~ by K 050.gif
 
d0233903_1325462.jpg

[PR]
by kamimaa | 2012-01-29 16:40 | 山都町 | Comments(0)

歴史街道「日向往還」を歩こう!

 情報誌やラジオなどで「日向往還歴史ウォーク」の参加者募集PRも良く見たり聞いたりするようになってきましたね。 001.gif
 ここは、出発地点の御船町・鼎春園です。地元の勤王の志士・宮部鼎造の生家がすぐ近くにあり、鼎蔵と弟の春蔵の名前をとって鼎春園と名付けられた公園です。
d0233903_1244133.jpg


 そこからのどかな棚田の風景を歩き15分ほど行くと、八勢川に架かる石橋・八勢目鑑橋があります。山桜が咲き、満開のころには花見客も訪れます。ここは八勢の谷渡りと言われた日向往還最大の難所で、木や竹の橋が洪水で何度も流され、人馬が犠牲になりました。これをなんとかしようと御船町の豪商・林田能寛さんが私財をなげうって架橋した話は有名です。
d0233903_12443533.jpg


 橋から続く石畳の道は見事!ここを多くの人々が往来していた往時の姿をしのばせます。
d0233903_12451532.jpg


d0233903_12454050.jpg


 往還沿いには綺麗な野草が花を咲かせています。
d0233903_12455985.jpg


 ここは六里木の跡です。石碑が建っています。熊本城下の起点・札の辻から約24キロの地点です。
d0233903_12462476.jpg


 森林の中・・・
d0233903_12474925.jpg


 あちこちに咲き誇る山桜の風景・・・
d0233903_12481148.jpg


  これは「鬼の巡り石」と呼ばれる巨石です。むか~し昔、大晦日に鬼がやってきて、この石を回して遊ぶのだという言い伝えがありました。それと、いつの頃からか、この石に後ろを向いて股の間から小石を投げて、上に載ると恋が叶うという言い伝えが広がり、恋愛成就のスポットとして訪れる方もいるそうです。
d0233903_1252523.jpg


 途中、ゴルフ場も通ります
d0233903_1252427.jpg


 しばらく行くと金内橋です。1850年に種山石工の宇市や丈八(後の橋本勘五郎)が架橋した石橋で、丈八らは架橋工事の間、近くの西山さんのお宅に寝泊まりし、お世話になったそうです。
 それから、西南戦争の際に敗走する薩軍がここで休憩をとった言われています。
d0233903_12531472.jpg


 橋のたもとにある金内菅原神社で昼食ですよ。
d0233903_12532888.jpg


 春の息吹を感じながら、歩きましょーよ!

                                              Nでした 056.gif
[PR]
by kamimaa | 2012-01-28 09:30 | イベント | Comments(0)

ワクワク異空間 ソラ屋@山都町

昨日今日は寒いですね。寒いと体内に熱を作るために消耗するせいか、眠くなります。これ以上寒くなると、冬眠しそうです。皆さんは、そんなことありませんか?

今回は、そんな寒さも吹き飛ばすワクワクいっぱいの新しいスポット「ソラ屋」です。
山都町の浜町商店街にオープンしました。
d0233903_10463410.jpg

小さな病院だった建物を活用。

d0233903_1047143.jpg

8号室まであり、いろんなお店が入っています。グッズ、甘味、足裏マッサージなどなど。
覗いてみるだけでも、ワクワクします。なんといっても、お店の方とのふれあいがあります。

d0233903_10475135.jpg

廊下に火鉢がいくつか置かれていています。懐かしい温かさです。

ただし、常時開店ではありません。次回は、1月30日(月)、31日(火)の11時から17時まで。

各お店を取材してご紹介しようと思って出かけたのですが、仕掛け人でもある「まつづくりやべ」さんのホームページの密着度、丁寧さにはかなわないなーと実感しましたので、そちらにバトンタッチということで(開店日の情報もあります)。私たちは、そのあとを少しずつご紹介できればと思っています。

ソラ屋(まちづくりやべHP)←クリック


かわうちさんあとはよろー(^o^)/~~~ by K 050.gif
 
d0233903_1325462.jpg

[PR]
by kamimaa | 2012-01-27 08:30 | 山都町 | Comments(2)

干し柿って、冷凍して食べると全然ちがうまいう~さです

 山都町の白糸台地の皆さんが集落ビジョンを作っておられる現場におジャマ虫に行きました。001.gif

 場所は、白糸台地の小ヶ蔵集落にある小ヶ蔵公民館です。会合は夜なので、この時期、外は鼻がツーンと痛くなるような寒さです。でも皆さん熱心に集まって話し合いをされました。集落は11世帯で44人。過疎化・高齢化が進むなか、どうやって地域を元気にしていこうか、どうやって住み続けられる地域にしていこうか?と色々意見が出ていました。
 ここは、通潤用水と棚田景観が国の重要文化的景観に選定されたほど棚田が美しくまた歴史・文化的価値も高い地域です。
 こちらは通潤橋と、通潤橋を架橋した指揮者の惣庄屋・布田保之助像です。
d0233903_16421625.jpg


 これが白糸台地の棚田です。
d0233903_1643483.jpg


d0233903_1644726.jpg


 そして近くには鮎の瀬大橋があります。
d0233903_16442552.jpg


 また、写真家が愛して止まない「うのこ滝」もあるゾー。
d0233903_16443924.jpg


 自家製の焼き米もとっても美味しいので、イベントなどでPRしてはどうか・・と生かせる資源はあります。どうやって生かしていこうかということに熱のこもった議論が出ました。

 これは干し柿です。地元の特産品種である投烏帽子(なやぼし)という柿を干して、干した柿を揉んで冷凍したとのこと。
d0233903_12282195.jpg


 干し柿の冷凍?と思いましたが、これが何ともまいう~です。シャーベットのようなサクッとした歯ごたえとまろやかな甘み。普通の干し柿とは全然違った感覚です。これをすり下ろしてアイスクリームに混ぜれば柿アイスになるな~と思いました。045.gif

これは、夏のデザートにいけるかもよ~038.gif

d0233903_12295011.jpg


 白糸台地は綺麗なところです。重要文化的景観に選定されたことを付加価値にするようなアイデアを皆さんで考えて、全国にPRしましょう。

                            Nでした 056.gif
[PR]
by kamimaa | 2012-01-26 16:02 | 山都町 | Comments(0)

ついに出会えた梅山豚(メイシャントン) やむらかん@山都町

 山都町浜町は、有明海、太平洋とも80キロメートルくらいでしょうか。
 今回ご紹介する「やむらかん」さんは、その地の利を生かして、魚を美味しく食べさせてくれるお店と思っていました。前に一度お邪魔した時に食べた「げそのから揚げ」は、今まで食べたのが何だったのかと思うくらい、大きくて甘いものでした。
 そんな訳で、お昼は魚にしようと思って、久しぶりにのれんをくぐったのですが、そこで発見したのは、幻の豚とも言われる「梅山豚(メイシャントン)」の豚丼でしたーーーーーーーラッキー041.gif(K)


d0233903_1329439.jpg

どんぶりを前に講釈も無粋ですが、日中国交正常化を記念して中国から日本にパンダが贈られた時に、10頭贈られのが初来日だそうです。その風貌から、西遊記の猪八戒とも。その後、禁輸対象となり、とても貴重なお肉なのです。西日本でも数軒しか飼育しておらず、その1軒が山都町の坂本牧場です(ありがたやー037.gif

d0233903_13295720.jpg

肉の最大の特徴は、さらっとした脂身と、そのほのかな甘さでしょう。ご主人も、その特徴を生かして、さっぱりとしたどんぶりに仕上げておられました。
優しい、ため息011.gifが出るような美味しさでした。女性にもお勧めです。毎日食べたいくらいです。


d0233903_13311639.jpg


d0233903_13312593.jpg

いけすでは魚が泳いでいました。この魚くんたちは、豊後水道の出身だそうです。
(ぶれているのは、カワハギですw 肝がおいしいんですよねー)

d0233903_13315869.jpg

落ち着くカウンター。座敷席もたくさんあります。

d0233903_13341460.jpg

なんで「やむらかん」っていう店名なのか、聞くの忘れたw015.gif

〔やむらかん〕情報
■浜町商店街のメインストリートで郵便局のところを、郵便局側に曲がります。
 左手のおちかラーメン過ぎて、右手角です。駐車場も数台分あります。
 電話は、0967-72-3714です。不定休。



みんななまか(^o^)/~~~ by K 050.gif
 
d0233903_1325462.jpg

[PR]
by kamimaa | 2012-01-24 08:28 | 山都町 | Comments(0)

嘉島町で本場イタリアの味!「揚げピッツァ」を食べたゾー

 嘉島町に本場イタリア発の「揚げピッツァ」のお店があります。「PIZZERIA-WADACHI(ピッツァリア轍)」というテイクアウトの小さなお店ですが、口コミなどで人気上昇中なのです。001.gif

d0233903_1042714.jpg


 そもそも「揚げピッツァ」とは何?と思うでしょう。これは、イタリアのミラノでは普通に食べられているファーストフードみたいで、ミラノっ子のおやつだと聞きました。これが東京でブレイクして、九州では「ピッツァリア轍」さんが初めてこの食べ物の店を出したそうです。
d0233903_10424779.jpg



 お店の中はこれぐらいの広さ。
d0233903_10433169.jpg


 カウンターのすぐ向こうで、生地をのばしてピッツァを揚げてくれます。
d0233903_1044181.jpg


 価格も1個500円~でお手頃。私はマルゲリータを食べました。
d0233903_10444171.jpg


 テレビ番組も取材に来ているようですね~。
d0233903_10445829.jpg


 こちらがその「揚げピッツァ」です。ピザ生地にトマトソースとチーズを包み込んで揚げたって言えばいいのでしょうか?ふつうのピザを半分に折り込んで揚げたという感じと言えばいいのでしょうか・・・です。
d0233903_10451769.jpg



 中はピザの味で、外側は春巻きのような食感、新鮮な感覚を覚えましたよ。中は、ホクホクのチーズとトマトソースで、味はまいう~です。045.gifこりゃー、ますます流行りそうです。
d0233903_10454236.jpg


 近々、イタリアンレストランを当所にオープンしようと思っていらっしゃると聞きました。これも楽しみですね。

 場所は、嘉島町の回生会病院のすぐ隣です。行ってみてください。


                                     Nでした 056.gif
[PR]
by kamimaa | 2012-01-23 13:00 | お食事 | Comments(0)

夜神楽に酔う 二瀬本の夜渡神楽@山都町

 天孫降臨の地として知られる九州山地。その中央部である熊本県山都町蘇陽・清和地域、宮崎県高千穂町、五ヶ瀬町は、古くは知保郷として一体だったとのこと。この地域に多く残る神楽も、こうした歴史や習俗を強く感じさせる貴重な伝統文化となっています。
 1月21日(土)の夜は、山都町ニ瀬本の夜渡神楽が行われましたので、行ってきました(K)

d0233903_138276.jpg

まずはニ瀬本神社に参拝せねば。本殿です。

d0233903_1383850.jpg

神社から見下ろす夕方の集落。

d0233903_1385223.jpg

会場のコミュニティーセンター。午後6時開演でした。以前は三十三座を朝まで演じていたそうですが、今は0時くらいまでとのこと。

d0233903_139481.jpg

およそ9百年前から千年前に始まり、一時途絶えていたものを、1785年に復活させたと言います。
県無形重要文化財です。

d0233903_1392026.jpg

三十三座は、神々を招く舞に始まり、イザナギ・イザナミ、オオクニニシノミコト、アメノウズメノミコト、スサノオノミコト、コノハナサクヤヒメなど古事記を彩る神々が登場します。

d0233903_1395573.jpg

会場には、60名ほどの観客で満員でした。

d0233903_13101711.jpg

d0233903_13103880.jpg

d0233903_13105555.jpg

9時過ぎまでしか観ることができなかったので、割り引いて受け止めていただきたいのですが、きらびやかな衣装や目を見張る大道具類などが特徴の一つとなっている広島の神楽(当地でのステージ公演を一度観ただけですが)と比べると、素朴な色合いの神楽です。むしろそれ故に、よく本来の姿を残しているように感じられ、心を押してくるものがありました。

d0233903_13111119.jpg

客一人一人にお弁当とだご汁が。客席は、食べながら、飲みながらでいいようです^^
それにしても、美味しかったです。

d0233903_13112933.jpg


d0233903_131201.jpg


d0233903_13225472.jpg

どのお面がどんな神様なんだろう。黒いのもあるし。

d0233903_13122087.jpg

d0233903_13123896.jpg

神域の囲みには、四隅に竹が、その間には彫り物(えりもの)と呼ばれる、干支などを紙を切り抜いて作ったものが張られています。彫り物は、魔よけにも良いと聞きました。

d0233903_13125882.jpg

後で聞いた話ですが、子どもにはなるべく見せない舞もあるそうです。ユーモラスでエロチックな舞だと聞きました。おそらく、天の岩戸に隠れたアマテラスを外に出すためにアメノウズメが踊るシーンではないかと想像しました。

d0233903_131374.jpg

未練を残しながら、帰りました。全部をご紹介できず失礼しました。
来年は、全部みるぞー。酒も飲むぞー。


夜神楽いいなー(^o^)/~~~ by K 050.gif
 
d0233903_1325462.jpg

[PR]
by kamimaa | 2012-01-22 20:31 | 山都町 | Comments(2)

上益城(熊本県)のおいしい!・たのしい!すばらしい!を紹介
by 上益城観推協スタッフ
プロフィールを見る
画像一覧

初めてぼーのを訪れた方へ

上益城地域観光推進協議会スタッフのブログです。001.gif

私たちの目で耳で舌で心で・・・「ぼーの!!!」と感じたものを紹介しています。

どこから見たらよいかわからない039.gif という方は、この下に続く、
 1 [最新の記事]をひとまずみてみる
 2 [以前の記事]から月を選んで、興味あるタイトルからみてみる
 3 [カテゴリ] からチョイスしてみる
あたりから始めてみてください。


なお、ブログタイトルの意味はコチラです。
ぼーの☆かみましき

最新のコメント

検索

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
益城町にチョー穴場発見!..
from Shooters Blog〜..

ライフログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな